眉毛美容液

シェイバーで眉毛を剃ったら最悪な事に・・・

初めての出産後、子育てに追われてほとんど毎日すっぴんで過ごし、
眉毛の手入れもしないまま1年間も過ごしてしまいました。

 

私の眉毛は、全体的に薄いのに範囲が広く左右の形も違うので
抜いたり剃ったりして形を整えるのも難しくとても扱いづらい眉毛です。
それでも独身時代はメイクやファッションが大好きで、
扱いづらい眉毛も時間をかけてメイクでカバーしていました。

 

しかし、眉毛を抜いたり剃ったりして左右のバランスを整えるだけでも時間がかかるのに
薄眉のせいで毎日のメイクもとっても大変でした。
産後にそんな時間を取れるはずもなく、眉毛の手入れは雑にシェイバーで剃って、
メイクも適当な毎日が続いていたのです。

 

おかげで夜になってお風呂場で「今日一日こんなちぐはぐ眉毛で過ごしたんだ…。」
と衝撃を受けることもよくありました。

 

眉毛のメイクが上手くいかないストレスを抱えながら、子供の夜泣きも始まり、
何とかしたいと思った私は眉毛を全部剃ってしまったら書きやすくなるのではないかと考えました。
左右の眉毛の形が違うから書きにくいのなら、全部なくなれば書きやすいはずだと
安易に考えてしまったのです。

 

そしてその日の夜に思い切ってシェイバーで眉毛を全部剃ってしまいました!
最初にその顔を見た感想は「怖い…」そして「青い…」でした。

 

 

やっぱり剃ったら青くなるんだと当たり前のことを実感しながら、
主人にも爆笑され子供には泣かれてと散々でした。

 

「もともと薄眉なんだから、剃ったってそんなに変わらないだろう。」
と思っていたのに1歳児にまで分るほど変わるなんてショックでした。

 

さらに、次の朝メイクをしてみてWショック…。

 

左右同じように書けるようになるどころか、バランスを取って書いているうちに
どんどん眉毛が太くなってまるでギャグマンガのような仕上がりになってしまったのです。
まさかあんなに薄い眉毛でもあった方が書きやすかったなんて予想外でした。

 

しかも徐々に伸びてきた時には、全部同じペースで生えてくるので
どこまで剃っていい毛なのかも分かりづらく元の眉毛の形に戻すのが大変でした。
当時は眉毛美容液なんてものがあるのも知りませんでしたし・・・。

 

眉毛の手入れを楽にしようと思ってやったはずなのに、
余計に手間どってしまう結果にとてもがっかりしたという苦い思い出です。

 

その後、チクチク眉毛は1ヶ月程で元通りになりましたが、
以前気に入っていた眉毛の形に整えられるようになるまではかなり時間がかかりました。

 

扱いづらい眉毛でも全くなくなってしまうとメイクがやりにくくなることを実感しました。
今でも眉毛の手入れが面倒で全部剃っちゃいたいと思うこともありますが、
あの時の大変さと怖い顔を思い出してやめるようにしています。